jadsatitle1.png

 

 

 

 

 

HOME

自動ドア設置

地球温暖化対策

基準整備

防火性能評価

資格認定

ダウンロード


地球温暖化対策の為の自動ドア普及推進事業


・事業の目的

 地球温暖化防止対策として、温室効果ガスの25%削減が目標として掲げられています。ドアを開けたままで、エアコンを使用すると電気消費量は25%増加するという英国での研究成果があり、「ドアを閉めようキャンペーンが展開されています。

20108月、ニューヨーク市では店舗(4,000平方フィート以上また市内で5軒以上のチェーンストアを有する場合はそれ未満でも)に、エアコン運転中はドアを閉めておくことを要求するという法案が可決されています。

一方、自動ドアの電気消費量は1年で360円程度(24時間コンビニエンスストアでも年間1800円程度)と省エネであり、しかもバリアフリーにも有効です。エアコンを使用する時は自動ドアを有効に活用して無駄なエネルギーの消費を抑え、障がい者、車いす利用者やベビーカーを利用する人達への思いやりを考えたキャンペーンを推進します。

ondanka.jpg

・自動ドアの電力消費量は1日当たり1円(年間360/平均)

24時間営業のコンビニエンスストアでフルに使っても1日5円(年間1800円程度)

 

私たちは地球温暖化防止対策として、自動ドアを有効に使うことが文明的で現実的な解決手段であると考えています。

 

自動ドアの電気代>>

 

・問合せ先

165-0031

東京都中野区上鷺宮3丁目165

日本自動ドア株式会社2号館3

NPO法人全国自動ドア産業振興会事務局

TEL03-3998-3077 FAX03-3998-3121

E-mail jadsa@jadsa.or.jp

URL     http://www.jadsa.or.jp/